Convictions-こだわり

モテギ洋蘭園の胡蝶蘭 モテギ洋蘭園の胡蝶蘭

高品質な胡蝶蘭を育てています

品評会やコンクールの受賞歴が多く、品質に定評のあるモテギ洋蘭園の胡蝶蘭。
花持ちのよさにこだわって育成した当社の胡蝶蘭の特徴を紹介します。

花弁に厚みと張りがあり、みずみずしいのが特徴です。
支柱は硬さや太さにもこだわり、丁寧に仕立てをしています。
美しい胡蝶蘭は健康な根っこも大切なポイントです。

こだわりの一貫体制 こだわりの一貫体制

オリジナル品種から育成、配送まで全てに注力

「またほしい」と言われる胡蝶蘭をつくるために、オリジナル品種育成から台湾農場での苗の生産、クローン栽培、産地直送まで、こだわりの一貫体制を築いています。

充実した設備 充実した設備

ノウハウの詰まった
17棟の施設ハウスを開設

年間ミディ15万株、大輪12万株を生産しているモテギ洋蘭園では、3,200坪の広大な敷地に、ノウハウの詰まった17棟の施設ハウスを開設しています。


Convictions1こだわりの施設ハウス

生育時期に応じて各施設で育成

美しい胡蝶蘭を咲かせるためには、時期に応じて最適な環境が異なってきます。そのため、高温室や開花室、ストックヤードなど時期に応じた施設で管理を行っています。

高温室

高めの温度で花芽を抑制し、苗を熟成

生育状況に応じて育成期間を変え、しっかり熟成させています。
開花室

きめ細かな管理できる設備が充実

花芽が出たら開花室に移動。低温で開花を促します。
キレイに開花させるため、ハウス内の光や温度をきめ細かくコントロールできる設備が整っています。高い空間を持つハウスで、地球温暖化にも対応。
花芽が出たら開花室に移動。低温で開花を促します。
キレイに開花させるため、ハウス内の光や温度をきめ細かくコントロールできる設備が整っています。高い空間を持つハウスで、地球温暖化にも対応。
ストックヤード

採光のコントロールで最良のコンディションに

採光を微妙にコントロールできるハウスになっています。光を調整することで、養分を蓄え花がしまって一級品になります。お客様の設置環境に近い状況で、順応させることもストックヤードの役割です。


Convictions 2適切なメンテナンス

かさ上げで適切な温度をキープ

胡蝶蘭は熱帯アジア圏に分布する植物です。このため、寒さに弱く、
冬でもハウスを適切な温度にキープできるよう底のかさ上げを行っています。

適切な温度を保つため、施設ハウスのビニールは古くなったら張り替えます。
かさ上げをし、熱がこもらないようにしています。

Convictions 3大容量の冷暖房設備

ヒートポンプ式の設備で最適な温度管理

施設ハウスには、いずれも地球環境にやさしいヒートポンプタイプで大容量の冷暖房設備を設置。常に最適な温度管理を実現しています。

モテギ洋蘭園のオリジナル品種 モテギ洋蘭園のオリジナル品種

Coming soon.

丁寧な栽培方法(花芽〜開花) 丁寧な栽培方法(花芽〜開花)

「光」「水」「時」の3つが
大きなポイント

美しくて花持ちのよい胡蝶蘭を咲かせるためには、「光」「水」「時」の3つが大きなポイントになります。当園では、すべてにこだわって開花を進めています。


Point1

気候に合わせて光線量を調整

開花室は、光線量の調整ができる仕様になっています。
太陽をいっぱいに取り入れられることはもちろん、光線が強ければ遮光カーテンを引き、光線が足りなければ補光ライトを当て、常に適切な光線量に調整しています。


Point2

一鉢ごとに状況を確認して水やり

熟練した職員が一鉢一鉢、苗の表面の乾き具合をしっかりチェック。
それぞれの苗に合った水やりを行っています。


Point3

開花に相応しい大きさになるまで時間をかける

OK株が大きい状態で開花
時間がかかっても、株が花を付けるのに相応しい大きさになるまで充実させて開花させています。
NG株が小さい状態で開花
胡蝶蘭は株が小さいまま開花させてしまうと、貧弱な花にしか付けません。
カタログ